嵐山花灯路の穴場ポイントはココ・・・天龍寺宝厳院

嵐山花灯路2016
2016年12月9日(金)-18日(日)
http://www.hanatouro.jp/arashiyama/

→スマホ用マップ
→PDF版マップ

→前回の記事

亀山公園を北からダラダラと降りてきた川のほとり、しばらくして左に曲がると、「時雨殿」がありますが、次の穴場は、そのすぐ隣の「法隆寺塔頭 宝厳院」です。

嵐電嵐山駅からすぐにある天龍寺はとても広い境内のお寺で、たくさんの塔頭寺院(天龍寺に寄り添って後世に建てられた寄進寺院)を従えています。残念ながら、どれも嵐山花灯路には参加していません。ただ一つ、南西の方向にある「宝厳院」だけは、ライトアップされるのです。この寺院は賑わいの多い表通りからはかなり離れており、川方向からぐるりと回り込まないと行き着きません。従って、嵐山花灯路の全容が十分把握できている人でないと気がつかないのです。

また、春(桜〜新緑の頃)と秋(10月〜紅葉の頃)の限られた期間にしか内部を観覧できませんので、本当に素晴らしいお庭があることをご存知の方はそれほど多くないでしょう。

私は、この秋の特別観覧時期に昼間のお庭に感嘆していたので、夜も来てみたい、とウズウズしていました。そして、嵐山花灯路で観覧できるスポットの1つと知り、今回勇んで観覧させていただきました。

京都嵐山花灯路 夜の特別拝観 「獅子吼の庭」公開
2016年12月9日(金)~12月18日(日)
午後5時~午後8時30分閉門 (受付終了 午後8時)
大人600円 小中学生300円

幻想的な光の投影が、嵐山を借景する手入れ行き届いたお庭がマッチし、本当に素晴らしかったです。

なにはともあれ、下記のアルバムをごらんください。

それはそれは・・・涙がこぼれそうになるほど、美しい光景でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です